鉄道機器株式会社
サイトマップSite map 案内図Guide map
 

Index

 
会社概要

PCまくらぎ使用により、
軌道構造の強化、保守量の
大幅軽減ができる。
 

Prestressed concrete sleeper makes track structure storonger and saves a lot of maintenance work.

当社が開発致しましたPCまくらぎ用伸縮継目は、床板の外形寸法を最も大きいものに統一することによってPCまくらぎ化を可能としたものです。

PCまくらぎと床板の間には軌道パッドを入れた構造となっておりますので、伸縮継目部も一般部と同じ二重弾性締結構造とすることができ、軌道強化によって保守量が大幅に軽減されることとなりました。各レールは従来の木まくらぎ用と同じものを使用していますので、まくらぎとレール締結装置の交換だけでPCまくらぎ化を行うことができますし、また、PCまくらぎの所定の溝に各床板及びレール締結装置を配置することによって容易に組立てることができますので、木まくらぎ用に比べて組立作業が簡単で高精度が得られます。

この製品には在来線用(50N用・60用)と新幹線用の各種タイプが取り揃えてあり、加えて三線軌道用も開発致しました。これらの製品は当社の考案によるもので実用新案として登録しました。(登録 第1406758号)
 

Tetsudo Kiki developed first expansion joint with pre-stressed concrete sleeper in Japan with JNR. Pre-stressed concrete sleeper makes track structure stronger and, as a result, saves maintenance work. The structure of our patented product contributes to reduce track maintenance cost by improving track condition. In addition, installation is easier and can achieve improved track accuracy. Our expansion joint lineup includes conventional line (JIS-50N rail, 60K rail), Shinkansen line and mixed gauge track.

 

 
お問い合わせ 企業情報