ご挨拶

鉄道のさらなる発展のために

外観

鉄道機器は、大正3年の創業より当時の鉄道院 鉄道省の前身 にはじまり、日本国有鉄道、JR 各社、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、全国各都市の交通局、および私鉄各社の皆さまにご指導を頂き、分岐器の設計、開発、製作に品質と技術を磨いてまいりました。

これもひとえに、皆様の長年のご支援とご指導の賜物と、深く感謝しております。

大量、かつ高速の輸送を可能にする鉄道は日本、そして世界各国の経済発展を支えています。

環境負荷が少ない輸送手段である鉄道の持続的な発展のために、今後とも、様々な技術開発が求められています。

鉄道の安全・安心に関わる重要なお仕事の一端をお任せ頂いている当社と致しましても、社員一同たゆまぬ努力を重ね、鉄道のさらなる発展に貢献すべく、品質管理の徹底と技術の向上に尽力して参ります。

引き続き、ご指導ご鞭撻を賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役会長 吉田 宏
代表取締役社長 吉田 晃

Page Top